飛騨美濃せせらぎ街道

飛騨美濃せせらぎ街道は、水とダンスの街路「郡上八幡」といった飛騨の小京都「飛騨高山」というを結ぶ全長約70kmの野放し多く眩しい全景が見える街道だ。
紅葉走行の総本山としてばれるせせらぎ街道は、広葉樹が多く、標高差があるので、マキシマム標高の良い高山市清見街路の西ウレ峠(標高1,113m)から順番に紅葉し、長い期間にわたって紅葉が楽しめます。
街道に増える木々は、コナラ、クヌギ、ナナカマドなどで、秋の深まりと共に黄金色合いの格好に変わってゆきます。

中でも森林公園おおくら滝周囲や西ウレ峠付近の紅葉がすばらしく、銘銘遊歩道を散策しながら楽しむことができます。

せせらぎ街道は、飛騨・美濃紅葉33選に選ばれてあり、その美しさは思わず嘆息が出るほどの絶景だ。

見頃は例年10月中旬から訪れ、11月上旬まで楽しむことができます。
こういうスパン内輪は、 日々大勢の紅葉狩りの乗客でにぎわいます。

また、せせらぎ街道へ来院のユーザーは、めいサイド野原秋まつり(10月下シーズン)や、ひだ清見紅葉まつり(10月下シーズン)もありますので、そっちもあわせてお楽しみください。

せせらぎ街道の決して中央には往来のターミナル「パスカル清美」があり、春の芽吹きから新緑へ。
そうして盛夏を越えて嘆息が出るほどの紅葉。
また冬には、メロディーの無い白銀の各国に包まれます。
ここでは一年を通じて飛騨の野放しを満喫することができます。

パスカル清見では、出身特産売り物をはじめ、特異品も腹一杯取り揃えています。ミュゼ天王寺で両ワキ美容脱毛コースでオトクに素肌美人